Ubuntu16.04でPureData vanillaの最新版0.47-1をビルドしてみた

投稿者:footfoot 投稿日: コメント:コメントなし

Ubuntu16.04でPureData vanilla 0.47-1を起動したスクショ

PureData vanillaは0.47からdekenというプラグイン機能が付きました。

情報元: PureData vanillaでdekenを使ってGemを導入する (Pure Data Japan)


これまでよく使われていた拡張版pd-extendedはずっと更新されてないようで、これからはVanilla(Miller Pucketteが開発する本家Pure Data)にプラグインでライブラリを追加する形になるみたい。pd-extendedは不安定なイメージがあったのでプラグイン化はうれしい。

なのでdekenに対応した0.47以降の最新版が使いたいんですが、Ubuntu16.04のUbuntuソフトウェアにあるバージョンは0.46でdekenが非対応。今のとこ最新版はソースコードしかないので自分でビルドしてインストールするしかありません。

やり方はINSTALL.txtに書いてあったので意外と簡単にできました。ただ必要なコマンドが抜けてるとこもあったので、初心者ながらやったことを書いときます。

1.ソースコードをダウンロードして解凍して移動

PureData vanilla最新のソースコードはpuredata.infoのここか、もしくはPureData vanillaの開発者Miller PucketteのサイトからLinux版をダウンロード。

ダウンロードしたpd-0.47-1.armv7.tar.gzを解凍すると「pd-0.47-1」というフォルダができます。このフォルダは「ホーム」に移動。置き場所はホームでいいのかはよくわかんないんですが、問題はなさそうだしアクセスしやすいのでまぁいいのかな。

2.コンパイル&インストール

必要なツールをインストール

INSTALL.txtの始めに書いてある./autogen.shといきなり打ってみたらautoconfがないとエラーになったので、autoconfをインストールしました。libtoolはautogenで必要と書いてあります。

sudo apt-get install autoconf
sudo apt-get install libtool

libasound2-devはUbuntuデフォルトの音声システムAlsaを使う時に必要みたい。INSTALL.txtにはjackのコマンドも書いてあったけどjackは使わないので省きました。(問題なし)

sudo apt-get install libasound2-dev

実際にコンパイルしてインストール

homeに置いた「pd-0.47-1」のフォルダに移動しておく

cd pd-0.47-1

INSTALL.txtの通り順番に実行。

./autogen.sh
./configure
make

makeでエラーがなければ規定のディレクトリにインストール

sudo make install

3.Pure Dataを起動

問題なければ端末でpdと打つだけで起動できます。ソースコードからインストールするとコマンドで起動することになるみたい。

pd

debパッケージにできれば削除とかもGUIでできるけど、debパッケージにするの難しそうなんだよね。まぁでもうまくいったし上出来でしょ。

エラーを直す

puredataを起動すると端末にpriority 94 scheduling failed.と表示されます。 いろいろやってみたら、File -> Preferences -> Startup...を開いてDefeat real-time schedulingにチェックを入れると表示されなくなりました。すっきり。

それとオーディオ設定でバッファのブロックサイズを変えたらエラーで音が鳴らなくなったりしたんですが、いつの間にか直ってたり謎です。
※追記:ノートパソコンの開閉(サスペンド)でエラーになってたっぽいので、閉じる時はdspをオフにしておけば大丈夫でした。

ビルドしたpuredataを削除したい場合

cd pd-0.47-1
sudo make uninstall

これでアンインストールできました。


次はdekenでライブラリをインストールして機能の拡張をしてみます。

カテゴリ : Ubuntu, Pure Data

コメントを書く

4番目のアルファベットを入力してください czlrwr?